本文へ移動

ブログ

酒匠館・南部杜氏伝承館。in石鳥谷

2017-08-07
先日田んぼアートを観た帰り、”酒アイス”を食べに道の駅に寄ってきました。
 
道の駅石鳥谷には、町立図書館・物産館"酒匠館"・南部杜氏伝承館・歴史民俗資料館・農業伝承館・お食事処"りんどう亭"・産直"杜の蔵"・立ち食いソバ・パークゴルフ場と、本当に見どころ寄りどころが沢山あります!
 
今回はお土産屋さんの”酒匠館”へ。
 
石鳥谷といえばお酒
日本三大杜氏の一つ”南部杜氏”発祥の地です。
 
酒匠館では県内のお土産品のほか、ジェラートや県内の銘酒が多数置いてあり試飲コーナーもあるんです^^(ドライバーさんは飲んじゃダメよ)
 
店内の撮影許可を頂きに行ったところ、道の駅駅長梅野尚彦さんより
「是非南部杜氏伝承館も見て行ってください^^」
と快諾してくださった上に、隣の南部杜氏伝承館へ案内してくださいました
 
初めて入館したのですが、酒造りに相応しい厳かな雰囲気の館内。
全国の日本酒壁高く飾られており圧巻!
「お、これ飲んだことあるぞ!」と、知っている銘柄を発見したときはワクワクしましたcool
 
館内は酒造りに必要な道具や工程、それにまつわる資料が沢山あって取材であることを忘れて見入ってしまいました^^;
 
南部杜氏は北は北海道、南は四国まで、兵庫県の"宝娘"を造っている酒造会社さんでは石鳥谷出身の南部杜氏が活躍されているそうです!(平成23年度の資料に因る)
 
二階にも展示スペースがあり、お酒と健康に関する記事や日本酒だけにとどまらず世界のお酒や変わった酒器も展示してありました。
 
石鳥谷町はかつて酒造りで盛んな町でしたが、今や酒造会社は"南部関"・"酉与右衛門"でお馴染みの川村酒造さん一軒のみとなってしまいした。
本当に美味しいお酒なので、これからも飲み続けたい銘酒
 
今回南部杜氏伝承館へお邪魔して、酒造りの工程等に興味が湧いたので、いつか川村酒造さんへお話を伺いに行きたいと思います^^
 
道の駅駅長梅野さんの御厚意に感謝です!ありがとうございました
オトナはお酒を嗜んで、お子さんは夏休み・冬休みの自由研究の場にするのにも最適な南部杜氏伝承館、是非皆さんも足を運んでみてくださいね。
杉玉。酒林とも呼ばれ、新種が出来たことを知らせる役割を果たす。
入り口からずらりと並ぶ全国の南部杜氏が作った銘酒の酒樽。
杓等も一つ一つ役割があり、数種類を使い分ける。
デカーー!!!梯子を上って撮影。
地上2階に亘って見どころが満載!
2階はお酒にまつわるエトセトラな面白いものから真面目なものまで幅広い資料や物品等が置いてある
2022年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2022年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休業日のお知らせ
0
4
0
0
0
5
関庄糧穀株式会社
〒028-3101
岩手県花巻市石鳥谷町好地第8地割19番地
TEL.0198-45-2222
FAX.0198-45-4192
 
主な取扱品種
<岩手県産>
ひとめぼれ
あきたこまち
いわてっこ
金色の風
銀河のしずく
ヒメノモチ
 
<その他県産>
ひとめぼれ
あきたこまち
ササニシキ
青天の霹靂
つがるロマン
まっしぐら
コシヒカリ
ゆめぴりか
つや姫
     他多数・・・
 
精米のほかにも雑穀のお取り扱いもございます。
TOPへ戻る