本文へ移動

ブログ

石鳥谷まつり~令和元年最初の福男~

2019-09-10
9/8~本日まで石鳥谷では秋のお祭りが開催されています点滅している星
こちらは心配されていた台風15号の影響も受けることなく、三日間天候に恵まれました!(三日間こんなにも雨が降らなかった年は本当に珍しいんです太陽)
 
5台の山車が町内を練り歩き、この三日間会社の前はとても華やかでした目がハートになっている顔
 
今日は最終日のパレードが盛大に行われ、石鳥谷まつり開催が40回目ということで、記念事業として
"令和初 福男走り参り"
が行われましたきらきら
 
その景品"福男米"を弊社が提供させていただくことに上に曲がる右矢印(黄)上に曲がる右矢印(青)
 
福男米、そして参加者は熊野神社さんでご祈祷を受け、おまつり本部へ。
 
ー13:30ー
遂にスタート!
9月とは思えない暑さの中、地元の中学生をはじめ、北上市や盛岡市からも駆け付けた一般の方を含めた13~55歳までの参加者32名が一気に商店街を駆け抜けます突風
距離にして400m。
 
声援と熱気で商店街は大盛り上がり3つのびっくりマーク(吹き出し)
いや~~石鳥谷がこんなに活気付いて盛り上がったのはいつぶりでしょうか(;^ω^)
 
そんな中ゴールテープを一番に切ったのは、最後列スタートの地元花北青雲高校一年生、”鎌田有仁(ゆうと)くん”でした!
 
見事な健脚を披露してくれた鎌田くんは精魂尽き果て、その後の認定式には出られず、弟のなおとくんが代理で授与されましたウィンクとあっかんべえを同時にしてからかった顔
 
1(トロフィー)一番福認定書と副賞はなんと町内産ひとめぼれ一俵(60kg)!!
 
2(トロフィー)二番福は石鳥谷中学校三年生の”宮崎竜一くん”は認定証&福男米30kg
 
3(トロフィー)三番福は同じく石鳥谷中学校三年生の”菊池悠生(はるき)くん”は認定証&福男米10kg
 
菊池くんは同中学校で陸上部に所属し、1500mの選手として中総体の東北大会に県代表で出場したそうです驚いた顔ギクッとしたマーク
 
インタビューの中で
「思ったよりもあっという間でした。一番になれなかった悔しさよりも、同級生に負けたことの方が悔しいです!」
と話していて、
『400mがあっという間と感じるなんて余裕だな~驚いた顔
と思いましたが、ナルホド、1500mの選手なら400mなんてあっという間ですね!
 
今回の企画は石鳥谷中学校三年生に募ったアンケートから採用されたイベントだそうで、若人たちのアイディアで町内をここまで盛り上げれたことは大変素晴らしく、お祭りの一環で開催するイベントとして本当に大成功だったと思います!!
 
やはりその時代の流行や、ナウなニュースNEW(黒)に敏感な若者に意見を聞いたり取り入れたりするのは重要ですねメガネをした得意げな顔
またこのようなアンケートを採用したイベントを開催して欲しいなと思いました口を広げてにっこりした顔上向き三角記号(アップ)
副賞のひとめぼれ一俵!
テレビ局や新聞各社も含め、沢山のギャラリーが。
一番福!
続々とゴールへ。
一番福の鎌田君!
沢山のカメラに囲まれています。
表彰式。
石鳥谷熊野神社の神主様から贈呈されます。
巫女役は千葉星子さん。
お腹いっぱいごはん食べてね♡
2022年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2022年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休業日のお知らせ
0
4
0
0
1
3
関庄糧穀株式会社
〒028-3101
岩手県花巻市石鳥谷町好地第8地割19番地
TEL.0198-45-2222
FAX.0198-45-4192
 
主な取扱品種
<岩手県産>
ひとめぼれ
あきたこまち
いわてっこ
金色の風
銀河のしずく
ヒメノモチ
 
<その他県産>
ひとめぼれ
あきたこまち
ササニシキ
青天の霹靂
つがるロマン
まっしぐら
コシヒカリ
ゆめぴりか
つや姫
     他多数・・・
 
精米のほかにも雑穀のお取り扱いもございます。
TOPへ戻る