本文へ移動

ブログ

集荷&米検査全盛です!

2020-10-15
こんにちは!関庄糧穀検査部です。
県内全域刈り取りのピークですね!我々も集荷・米検査でバタバタと毎日を過ごしています。
今年は今のところ台風が上陸することもなく、天候にも恵まれているので、集荷や検査も大変スムーズに執り行われております。
コロナの影響で元年産のコメが市場に余っている状態でも、新米は待ってくれません!
ですので、昨年に比べて米価が大変落ち込んでしまうという状況に。これでは来年も心配です。国にはしっかりとした対策を打ち出して欲しいものですね。


さて今日は公私共にお世話になっている紫波町の佐藤さんのお宅にお邪魔してきました!(子供たちにも大変人気が高いんですよ  )

伺ったとき姿が見えなかったので、お留守かな~?と思っていたところに、
「ぬぉぉぉぉ!超合金ロボキターー   
・・・ではなく、コンバインに乗った佐藤さんが帰っていらっしゃいました  

わたくし、お恥ずかしながら農作業のことがあまり詳しくなかったものですから、どのようなときに出動させるのロボ(コンバイン)なのか等、たくさんご説明いただきました  

『農作業を終えて帰ってきた割にはとてもピカピカだなぁ』
と思っていましたら、清掃してきたところ、とのことでした  
部品一つ一つ丁寧に清掃するので丸一日かかるそうです  

佐藤さんは常日頃から機械のメンテナンスや田んぼの管理などにも細かく気を使っていらっしゃいます。(ズボラなわたしは爪の垢を煎じて飲まねぼならぬ。。)

場所や環境の違いで差は出ますが、雑草が生え放題伸び放題の圃場には虫が発生しやすいため、カメムシによる被害粒が発生しやすくなってしまうのですが、佐藤さんは夏場も忙しい仕事の合間を縫ってマメに除草を行われているので、 出来るお米はいつも本当にきれいなお米なんです!

除草剤などに頼らず自らの手を掛けて管理・育成するお米は安心・安全ですよね  

ですので、こうして農家さんと実際に顔を合わせてお話をしておりますと、一つ一つ丹精込めて作られたお米を一粒たりとも無駄にしないよう敬意を払って取り扱う、そして大事に美味しくいただこうと思うのです   

是非皆さんも、洗米時に一粒のお米も流してしまわないよう注意したり、お茶碗やお弁当箱にご飯粒が残っていないかチェックしてみてくださいね  


佐藤さん、お忙しい中ありがとうございました~  
これを洗車するのは大変!わたしも一度乗ってみたい!
せきしょー
アキアカネ。
たわわに実る稲穂。
燃えるような夕日。まだまだ仕事は終わりません^^;
2021年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
集荷依頼・新米の買取相談随時承っております。
0
2
4
9
3
9
関庄糧穀株式会社
〒028-3101
岩手県花巻市石鳥谷町好地第8地割19番地
TEL.0198-45-2222
FAX.0198-45-4192
 
主な取扱品種
<岩手県産>
ひとめぼれ
あきたこまち
いわてっこ
金色の風
銀河のしずく
ヒメノモチ
 
<その他県産>
ひとめぼれ
あきたこまち
ササニシキ
青天の霹靂
つがるロマン
まっしぐら
コシヒカリ
ゆめぴりか
つや姫
     他多数・・・
 
精米のほかにも雑穀のお取り扱いもございます。
TOPへ戻る