本文へ移動

ブログ

中干し中。追肥。

2017-07-02
ただ今"中干し中"です!
 
中干しとは、田んぼの水を抜いてひびが入るまで乾かす作業です。
土用の時期に干す場合が多いので、"土用干し"とも言われます。
 
これは根の伸長促進と健全化を図り、根を強く張らせる働きがあります。
ほかにも通気性を良くして土中のメタンガス・硫化水素等の有害ガス抜くことができ、穂にならない茎の発生(過剰分げつ)を抑え、土を干して固くすることによって倒伏を軽減し、刈り取りの作業性を高める効果があります。
 
穂になる茎がきちんと確保されてからの作業なので、生育状態が遅れている場合、気象条件が悪い場合には無理に行いません。
 
目安は田面に小さな亀裂が生じ、軽~ぅく踏んで足跡がつく程度になったらOK~!
乾かしすぎると根が切れてしまったり、お米が育つ登熟期の水分不足に繋がってしまいます。
さらに悪化すると陸稲化(りくとうか)し、登熟する前に根が死んでしまい収穫量が減ってしまいます。(秋落ち)
 
こうならないためにも田んぼをよく観察し、土の状態を見極める熟練の目が必要となるわけですね~~~。
 
 
そして今日は実り良い稲穂にするための追肥を施します。
 
今回は当社オススメ、
エムシー・ファーティコム株式会社さんの"トモエ化成550号 水稲追肥専用550号 緩効性(チッソ15、リン酸5、カリ10)"
を使用しました^^
 
他にも
・㈱アグロメイトさんの"ゴールドワンNK525(チッソ15、リン酸2、カリ15)"
・住友化学株式会社さんの"銀泉特号(チッソ14、リン酸6、カリ15)"
・有限会社野矢商店さんの"PKマグカスタム(チッソ0、リン酸17、カリ17) 調節肥"
も取り扱っております。
 
肥料、除草剤、農薬も多種ありますので、
「どれを使ったら良いのか悩むな~~」
そんなときはどうぞお気軽にご相談ください^^
1株に20数本程度の茎が確認されたら中干し開始のサイン!
まだ土がしっとりしていますね。
肥料を散布しています。
トモエ化成550号
ゴールドワンNK525
2022年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2022年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休業日のお知らせ
0
4
0
0
0
7
関庄糧穀株式会社
〒028-3101
岩手県花巻市石鳥谷町好地第8地割19番地
TEL.0198-45-2222
FAX.0198-45-4192
 
主な取扱品種
<岩手県産>
ひとめぼれ
あきたこまち
いわてっこ
金色の風
銀河のしずく
ヒメノモチ
 
<その他県産>
ひとめぼれ
あきたこまち
ササニシキ
青天の霹靂
つがるロマン
まっしぐら
コシヒカリ
ゆめぴりか
つや姫
     他多数・・・
 
精米のほかにも雑穀のお取り扱いもございます。
TOPへ戻る